ブログ

HOME > 早坂真紀つれづれ

内田康夫 夫人であり、作家・エッセイストでもある早坂真紀の随想を不定期でお届け致します。

新器

2019.7.4 Thu

パソコンを買い換えた。
使っていたパソコンの反応が少しトロくなっていて、これは私のボケが始まったのかな?と思っていたら、もう10年近くコキ使っていたのだった(古希という言葉は、散々コキ使われたあげくにつけられたのかも?)。
これだけ使っていたら、パソコンだって(この「だって」が気になる)ボケがきます……と言われて、新しく買
い換えることにしたのだった。
思えば夫のもそうだけど、私のパソコンも何回もワールドクルーズに出かけていた。
旅に出る前に夫は、会員さんに(当時の浅見光彦倶楽部の)「船から毎日、旅日記のブログを送りますだの、船宛てに手紙をくださった方には、お返事を出します」と約束をしていたっけ。
その約束の結果がどうなったかは、会員さんはご存じだと思うけど(そのブログをプリントアウトしたものは、浅見光彦記念館で読めます)、そうやって私のパソコンは世界を周っていたのだった。
このトシになっての買い換えだから、今まで使っているのと同じようなものをと注文していた。事実、同じメーカーで、使用勝手の一番近いものを選んでくれた。
しかし(ここでドンッ!と、テーブルを叩く)、何で機器は日進月歩なのだ。一番近い機種だというのに、新しく覚え直さなければならないことがいっぱいじゃないか。
それは携帯電話だって同じだ。新しい機種の使い勝手を、何で変えるのだ……と、コキだって通り過ぎてしまった私はプンプン! これではボケてなんていられやしない。

« 

2019.7.11 Thu 詐欺?

 »

2019.6.27 Thu 泣き笑い