プロフィール

HOME > プロフィール > 早坂真紀


早坂真紀


リンク 早坂真紀つれづれ

軽井沢在住。1995 年、詩集『軽井沢に吹く風』で作家デビュー。以来、『軽井沢の芽衣』、『芽衣の初恋』などの芽衣シリーズをはじめ、『空の青、海の碧』、『精霊のいた街』など、詩情、ファンタジー性のあふれる小説、エッセイを発表している。『薔薇に祈りを』、『漂いながら』は大人のための物語でもある。
著作数は『森の彼方に over the forest』(徳間書店)で、23冊。


主な著書

『軽井沢に吹く風』(詩集・角川書店)

『軽井沢に吹く風』
(詩集・角川書店)

『軽井沢で、キャリーと』(エッセイ・幻冬舎文庫)

『軽井沢で、キャリーと』
(エッセイ・幻冬舎文庫)

軽井沢の芽衣』(小説・徳間書店)

軽井沢の芽衣』
(小説・徳間書店)

『白い船』(画文集 ※装画・山口はるみ・新潮社)

『白い船』
(画文集 ※装画・山口はるみ・新潮社)

『コロの笑顔』(絵本 ※絵・大庭賢哉・光文社)

『コロの笑顔』
(絵本 ※絵・大庭賢哉・光文社)

『森の彼方に over the forest』(小説・徳間書店)

『森の彼方に over the forest』
(小説・徳間書店)

...ほか多数

『軽井沢に吹く風』(詩集・角川書店)
『軽井沢で、キャリーと』(エッセイ・幻冬舎文庫)
『軽井沢の芽衣』(小説・徳間書店)
『白い船』(画文集 ※装画・山口はるみ・新潮社)
『コロの笑顔』(絵本 ※絵・大庭賢哉・光文社)
『森の彼方に over the forest』(小説・徳間書店) ...ほか多数

年表

1983年 推理作家である夫の内田康夫と共に軽井沢に移住。
1995年 詩集『軽井沢に吹く風』で作家デビュー。
1998年7月 著作と同名のティーサロン「軽井沢の芽衣」がオープン。
2000年 著書『芽衣の青春』がSLBC(学校図書館ブッククラブ)の選定図書に指定される。