ブログ

HOME > 早坂真紀つれづれ

内田康夫 夫人であり、作家・エッセイストでもある早坂真紀の随想を不定期でお届け致します。

大災害に……

2019.10.17 Thu

12日に軽井沢に帰ってくる予定でチケットを買ってあったが、台風19号にモロぶつかって北陸新幹線が不通。それで15日に延期した。
朝から晩までTVの前に座っていた。刻々と入ってくるニュースで知る被害の何とまァひどいこと。被害を受けた方々がお気の毒……という言葉が何だか虚しくなるほど、心が痛くなる。
自然の力は凄い。使い古された言葉だけど、人間の力なんて無力だし、今更だけど人間は『便利さ』に慣れすぎた。
地球温暖化……。問題はストローやレジ袋だけじゃないでしょうに。
思えばお惣菜のパック、歩き飲みしているコンビニの飲み物のカップ、スーパーなどの野菜や果物などを包んでいるトレイやラップ, etc.
それらに慣れすぎた生活は、今更お鍋を持ってお豆腐を買いに行くような生活には戻れない。
人間の『便利な生活』が壊した地球。どうしたら元の地球に「より近い」地球に戻せるのだろうと、空っぽの頭でツラツラ考えて、悩んでしまった。
我が家のある別荘地の管理事務所から、我が家の「玄関前のモミの木が真ん中から裂けてます」と連絡があった。
それで東京←→長野の『あさま』が1時間に1本程度に復旧したというので、東京駅ホームに並んで15日に軽井沢に帰ってきた。
まァビックリ! 樹齢80年(?)くらいの堂々たる木の中程から裂けて、木の香もみずみずしく天を指しているいるではないか。そして夫の書斎に影を造っていたヤマボウシが、根っこから倒れていた。
改めて、地球上で一番悪い生き物は人間だと心が痛んだ。

 »

2019.10.14 Mon ヘアスタイル変遷