ブログ

HOME > 早坂真紀つれづれ

内田康夫 夫人であり、作家・エッセイストでもある早坂真紀の随想を不定期でお届け致します。

コロナ……

2020.6.18 Thu

コロナウイルス感染拡大を防ぐために、他人との接触を8割減らすように外出の自粛要請が出て、会社もテレワークが導入された。
自営業(我が家もそうだった)は別にして、大多数の家族では夫が1日中家にいることになった。私の知り合いから悲鳴に近い声を聞く。
「夫が一日中ずっと家にいるんですよ。学校は休校で給食はないし、私、朝昼晩と3食も食事の支度をしなきゃならないんですよ。ッタク!」と。
それで巷では『コロナ何とか』という言葉が、半分本気・半分冗談で流行りはじめた。
コロナ離婚・コロナ太り(これは私かも)・コロナダイエット・コロナ出生率アップ等々。
まだあるそうだ。コロナ断捨離にコロナ再愛、家での仕事ぶりを見て夫を見直して、愛が再び燃える夫婦もいるらしい。
そういえば、時間を持て余した私は断捨離したかも。整理ダンスの中をチェックして、もう何年も着てなかった下着を片付けた。そして冷蔵庫の中で干からびているニンジンや、冷凍焼けした干物を捨てた。消費期間をとっくに過ぎていた、真空パックの焼き鮭も思い切って処分した。
あれ? コロナ断捨離って、コロナ離婚と同意語か?と思って笑ってしまった。
私は「1日中夫の顔を見なければならないなんて……」という愚痴を、まともにはとらない。コロナが終息していつも通りの暮らしが戻ったら、先のセリフなんて、なかったことになるのに決まってるもん!

« 

2020.6.24 Wed 口臭

 »

2020.6.12 Fri 増えちゃった