ブログ

HOME > 早坂真紀つれづれ

内田康夫 夫人であり、作家・エッセイストでもある早坂真紀の随想を不定期でお届け致します。

マスク!来ない!

2020.7.19 Sun

日照時間は例年の半分くらいだとか。森の中は当然木が茂っているから普段から湿度は高い。おまけに梅雨時だし日照時間が少ないときているので、家の中は湿度が75%だって。
軽井沢に移住したころは、そういうことは知らなかった。それである日、使ってないお客間を開けてびっくり。畳がうっすらと薄緑をしているではないか。ふすまを閉めっぱなしにしていたので、一面にカビが生えていたのだった。
「いくら畳と何とかは新しいほうがいいと言っても、緑色の新しく見えるだけの畳は嫌でしょ」と言ったら、そのとき夫は「まァね!」。
そしてクローゼットのハンガーに掛けてある服をだして、またびっくり! 服と服がくっついているところにカビがびっしり!
いまはもうカビの学習をしたので、それ以来ドアやクローゼットの扉は開けっぱなしだし、各部屋に除湿器を備えて湿度を50%台になるようにして、今度はお肌の乾燥に要注意……と、快適に生きることは大変だ。
そして……。
テレビのニュースによると、アベノマスクの配布は全国で終了したとか。エッ? 「待っているけど、我が家にはまだ来てない」と言うと、「そういう人は厚労省の何処とかにネットで申し込むらしいよ」と、教えられた。かなりややこしいようだ。
私、自慢じゃないけど、そんなややこしいことできない。今ではマスクなんてどこでも売っているし、ややこしいことで悩むのなら、あんな小さなマスクなんてもういらない!
でも東京の感染者は200台が普通になっちゃったし、連休になったら軽井沢は観光客が増えるだろうし、マスクを買って備蓄しなくちゃ。
いつになったら普通の暮らしができるのだろうか。普通の暮らしが懐かしい。

« 

2020.7.26 Sun 詐欺

 »

2020.7.16 Thu バカなヤツ